大和三輪そうめん

大和三輪そうめんの由来

そうめん製造の始まりは大和三輪の里で作られたのが最初とされる。
崇神天皇の七年、大物主命の五世の孫、大田田根子命(おおたたねこのみこと)が大神神社の大神主に任ぜられて以来、その十二世の孫に従五位上大神の朝臣狭井久佐(あそんさいくさ)といいう人があった。この狭井久佐の次男の穀主(たねぬし)という方が三輪そうめんを創めて作られたといわれる。


大和三輪そうめんの特長


三輪そうめんの原料は特に厳選した良質の小麦粉を用い極寒期に独自の手延べ法により精製したもので腰のしっかりした煮くずれがしない手延べ独特の歯ごたえ、舌ざわりの良さが特長です。